• 素材のこだわり
  • 機能のこだわり
  • 手づくりのこだわり
  • 多彩なカラーリング
  • 革育のとりくみ
  • 安心の6年サポート

敬意をもって、素材を選ぶ。

4000年も昔から、人は牛や馬を育て、食用の後にはその皮革を余さず利用してきました。
黒川鞄ランドセルは、人と地球に優しい永遠のリサイクル資源=天然皮革のランドセル。
強さ、美しさ、しなやかさ、耐久性。これまでの人類の歴史の中で、外見上似た素材は多く登場しましたが、そのいずれも本物の革を越えることはありませんでした。自然の素材がもつ豊かな質感は、100あまりの工程を経て、一枚一枚丹念に生み出されます。皮革のダイヤと称されるコードバンの場合、革として使えるようになるまでに約10ヶ月の時間を要します。上質な天然素材は、自然の恵みと、人類の研鑽の歴史の結晶なのです。

コードバン

コードバン キメが細かくとても丈夫。ランドセルに最適な貴重な革

コードバンは北欧産の馬から採れるお尻の革。食用としてごく少数(世界で月間数千頭にも達しません)生産され、革製品に適したお尻の革だけが使われています。革自体が単層(牛革は2層です)で、繊維の断面がきれいに揃い緻密であるため、非常に耐久性が高く、滑らかな手触りや美しい風合いが魅力です。また、表面加工(染色など)に手間と技術が必要なこともあって、希少性と共に価値を高めています。
牛革

牛革 耐久性・素材感・使い心地等、天然革の魅力たっぷり

古くから活用され、比較的生産量も多く革製品の定番ともいえる牛革。産地、性別、年齢によって分類され、最高級品とされるカーフから、ポピュラーなブルまで、用途にあわせて使われています。ランドセルには、厚みが比較的平均な「ステア」と呼ばれる、生後3~6ヶ月以内に去勢したオスで、生後2年以上を経た牛の革を使ったものが殆ど。天然素材のため吸湿性・通気性が良く身体にも馴染みやすいのが特長です。
豚革

豚革 摩擦に強く加工しやすい。実用度No.1の名脇役

革としては比較的安価で、生産量も多い豚革。仕上げによっては表面はやや粗めですが、他の革に比べて摩耗にとても強く型崩れしにくいのが特長です。手袋や衣類、靴の敷皮などによく使われています。ランドセルでは、表面として使われることはほとんどありませんが、カブセ(背中のフタ)の裏側などに使われ耐久性アップに無くてはならない素材です。
人工皮革

人工皮革 軽くて丈夫。ずっと変わらない光沢感が人気

人工皮革は、特殊な合成繊維を立体的に絡み合わせた不織布をベースに作った革です。ランドセルに使われている人工皮革としては、クラリーノ(クラレ)、コードレー(テイジン)、ベルエース(カネボウ)が有名。雨に強くて比較的軽いのが特長で、手さわりもスベスベ。天然革のように時と共に風合いが増すことはありませんが、反面、長期間新品同様の光沢を保ちます。カラーバリエーションが豊富な点でも人気があります。
  • 素材のこだわり
  • 機能のこだわり
  • 手づくりのこだわり
  • 多彩なカラーリング
  • 革育のとりくみ
  • 安心の6年サポート