「思いやり」が生み出す機能性。「思いやり」が生み出す機能性。はばたく®ランドセル

昔から変わらないスタイルで、一見同じように見えるランドセル。ところが実は、年々便利に使いやすく、研究を重ねて進化しています。かつて牛革製のランドセルはB5サイズで約1.7キログラムほどでしたが、今日ではA4対応のランドセルでも同程度と、大幅な軽量化に成功しています。細部のつくりや材質にまでこだわり、一切の無駄も不足もないように、計算しつくされた完璧な機能美は、創業125年の歴史そのもの。黒川鞄工房ランドセルは、進化するスタンダードです。

体感の軽い「はばたく®ランドセル」

肩ベルトがはばたく翼のように立ち上がり、背負うと背中にフィットするランドセルは、実際よりも軽く感じられるのが特徴。
後ろに行きがちなランドセルの重心を、身体の中心に近づけることで姿勢よく背負うための工夫です。左右の肩ベルトが別々に動くため、ひとりで背負いやすいのも利点です。

小さな手にも、親にもやさしい「リフトハンドル」

ロッカーへの出し入れの時に活躍するのがリフトハンドル。これがあれば小さな手でもサッとランドセルを取り出せます。また、子どもの「ちょっと持ってて」にも対応しやすく、親が背負わせる時にも便利。黒川鞄工房ランドセルのリフトハンドルは、丈夫さと美しさにこだわって、ランドセル本体と同じ素材で丁寧に仕上げています。

A4フラットファイルもらくらく入る大容量

メインポケットはA4フラットファイル、サブポケットにはA4クリアファイルが入ります。厚みのあるペンケースもらくらく入る大容量。すっきり余裕の「ひろ☆すぽ®」です。

※A4フラットファイルは、文具メーカーなどによっては収納できないものもあります。
※ひろ☆すぽ®は黒川鞄の登録商標です。類似品にご注意ください。
※ランドセルのモデルによって、仕様が異なります。
詳しくは、それぞれの説明をご参照ください。

片づけが楽しくなる「大型ラウンド・ポケット」

大きなラウンド・ポケットは、大きく開いて出し入れしやすいのが特徴。雨の日用のレインカバーを収納しておくなど、大きく開くことで活用の幅が広がります。また、ポケットの内側にキーチェーンが付いているため、大事なカギを紛失する心配がありません。

※ランドセルのモデルによって、仕様が異なります。
詳しくは、それぞれの説明をご参照ください。

遅くなった帰り道も安心。キラッと光る「反射鋲と反射材」

塾通いで遅い時間に帰宅することも多い小学生。そこで車のライトにキラッと反射する「反射鋲」や「反射材」が大活躍。
ふたの反射鋲はもちろん、黒川鞄工房ランドセルは肩ベルトのふちに反射材を縫い込み、目立たない箇所にも繊細な心配りを施しています。

軽量メタル製「背カン」

黒川鞄工房ランドセルは、ベルトの付け根にスライド背カンを標準装備。低学年から高学年まで体格の変化が激しいこの時期、成長に合わせて両ベルトがベストな位置にスライドします。また、冬にコートやダウンを着ても、無理なく自然に背負えます。使用する金具は安心・安全に細心の注意を払い、厳選した素材を使用しています。

※ランドセルのモデルによって、仕様が異なります。
詳しくは、それぞれの説明をご参照ください。

肌にやさしい「牛革の背中クッション&肩ベルト裏」

直接体にふれるところは、安心・安全な天然素材の特殊形状クッションを採用。
成長期には吸湿・放湿機能がある上質な天然素材がベスト。機能性重視のクラリーノ®素材のモデルも、子どもの肌に触れる箇所は肌にやさしい本牛革にこだわりました。

左右の「ナスカン」

通常右利きを想定して右側のみについているナスカン。黒川鞄工房ランドセルは左右の両横に装備しています。給食ナプキンと、あともうひとつ。あとひとつの余裕が便利さをアップさせます。左右のナスカンは左利きの子どもたちにも好評です。

※ランドセルのモデルによって、仕様が異なります。
詳しくは、それぞれの説明をご参照ください。

左右肩ベルトの「Dカン」

通常一つしか装備されていないDカンを両側それぞれの肩ベルトに設けました。
防犯対策のベルや笛も利き腕に合わせて装着できる他、低学年のうちは自分専用の目印をつけておくなど、目立つ場所なだけに工夫次第でさまざまな使い方ができます。

「マグネットロック」/「オートリターンロック」

マグネットロックは、ふたと本体の金具を近づけると、磁力でくっつきます。力の弱い低学年の子どもたちでも、ラクにきちんと閉められるよう、扱いやすさにこだわりました。オートリターンロックならワンタッチでくるっと鍵が閉じるのでさらに安心。お辞儀をしても教科書が飛び出す心配はもうありません。

※ランドセルのモデルによって、仕様が異なります。
詳しくは、それぞれの説明をご参照ください。


大きさのお話

ひと昔前よりも一回り大きくなっているランドセル。でも、黒川鞄工房の「はばたく®ランドセル」は、体感が軽く感じる肩ベルトを実装。