• 黒川鞄の歴史
  • 職人の想い
  • 工房紹介

創業120年「匠」の技。

黒川鞄は、明治時代に創業以来、日本の近代化と共に、百余年の歴史を積み重ねてまいりました。また、日本海側有数の商業地「総曲輪(そうがわ)三丁目」で、地域一番のかばん専門店として、お客様のご支持をいただいております。

その「古き良き伝統ある暖簾(のれん)」と「創業者の理念」を現在の五代目オーナーが継承しております。さらに、江戸時代には雄藩であった加賀百万石の工芸品を研究し、「伝統・優雅・手づくり」の審美眼を、養っております。「黒川鞄店」本店に併設している「黒川鞄工房」は、独自固有の工法を駆使して、世界に誇れるオリジナルの日本製品を、開発しご提案します。

富山の繁華街が生まれ故郷

富山の繁華街が生まれ故郷

黒川鞄の歴史は日本で鞄文化が広まり始めた明治28年、初代「黒川よし」が北陸富山県でデパートの元祖と言われる「勧工場」の一区画を借りて創業を開始。
地元に信頼される鞄店へ

地元に信頼される鞄店へ

当初一角で始めた店舗も、地道な販売活動を経て勧工場の全区画を使用するまでに成長して行きます。当時「黒川の勧工場」との愛称で呼ばれ親しまれていました。
オリジナル鞄に磨きをかける

オリジナル鞄に磨きをかける

高度経済成長期には、専門店としての知識や経験をもとに、伝説の鞄を最新の素材で復刻する他、オリジナル商材にも着手し始めました。
鞄工房としての新たな旅立ち

鞄工房としての新たな旅立ち

5代目オーナー黒川由朗は、これまで他に類を見ない「オーナー&クリエイティブディレクター」という新たなスタイルで、暮らしや使い方を含めた「鞄全体を見据えた」鞄・ランドセルの制作にあたっています。
  • 黒川鞄の歴史
  • 職人の想い
  • 工房紹介